FC2ブログ

津波被害の我が家

110330_1117~04

3月11日の津波被害の我が家の状況です。

40年近く住み慣れたこの地・亘理で津波にあい、母はこの地で89歳で亡くなりました。

35年間の教員生活を最後に、保護司、民生委員と地域の為に貢献したそうです。

私は、この地で3年ほどしか住んでいませんでしたが、

よく土曜日になるとクラスの子供たちが家に来て楽しそうに遊んでいました。

今では、できませんよね。

最後のご奉公に女校長にと、お声がかかったそうです。

父が退職したのでゆっくりしたいと、断ったことが思い出されます。

この写真は姉が思い出にと、海の方から撮った我が家の写真です。

ニュースで町の半分は津波で壊滅的だと聞いていましたが、

周りの家はほとんど流され、我が家だけが残っていました。

1階の屋根まで津波が押し寄せ、2階は津波が来なかったと言っていました。

もし予期していたら避難しないで、2階にいれば助かったのにと思い残念です。

日野原先生の言葉に

愛児を失うと親は人生の希望を奪われる

配偶者が亡くなると、ともに生きていくべき現在を失う

親が亡くなると、人は過去を失う

友人が亡くなると、人は自分の一部を失う

100歳になられ今だ、現役で仕事をしている日野原先生が言われています。

母のこと写真や思い出は、私たちの心に残っているだけです。

母の過去は、もうわかりません。

私たちが育ったこと、母のことを私たちがこれから

娘、息子、孫に伝えていくことが、

我が家の指名であります。



1日1回このイラストをクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ニュース
お気に入りブログ
最新記事
プロフィール
宮城県仙台市出身

禅寺丸ばあさん

Author:禅寺丸ばあさん

月別アーカイブ

【精米】ホクレン 北海道産 無洗米 ゆめぴりか 5kg 平成27年産

新品価格
¥2,580から
(2016/7/2 15:57時点)

最新コメント
気になる広告
今までの閲覧者数
HTML解析