FC2ブログ

これがニラです。

IMG_0018_20140429155424a40.jpg

スイセンをニラと間違え食中毒 女性5人、河川敷で採取 。

以前にも、小学校の家庭科の実習で先生が、

家の水仙の葉とニラを間違って持っていき、料理して子供たちが

吐き気などをも要した記事が載っていました。

水仙の葉は、ニラの葉より大きくしっかりしています。

岐阜関市内の会社の従業員5人がスイセンの葉をニラと間違えて食べ、

食中毒の症状で病院に運ばれたと。いずれも快方に向かっているという。

5人は28~35歳の女性で、4月27日に同市戸田の長良川の河川敷でスイセンを採取し、

4日午後7時に会社で炒めて食べたところ、10~20分後に吐き気などの症状で救急搬送。

関保健所が症状や残っていた植物から、誤食による食中毒と断定した。

スイセンはアルカロイドという有毒成分を含み、加熱しても分解しないという。

去年の秋に初めて一袋種を蒔いて、こんなに立派になるのに半年かかりましたが、

切っても1週間足らずにまた伸びるので重宝しています。

取り立てのニラは、アリシンの匂いがあまり気にならず、

にら玉は、一握り取りよく食卓に上がっています。

これからの野菜の端境期に、とても便利な我が家の野菜です。

●主な栄養素と働き

◆疲労回復や滋養強壮に効果

にんにくにも似たニラ(韮)の臭いのもとは硫化アリルの一種アリシンという物質。

これはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果。

◆免疫力を高め、がんの予防にも効果

また、アリシンには、免疫力を高め、がんの予防にも効果があると言われています。

更に、血行促進により、冷え性や動脈効果、血栓の予防にも効果的とされています。

◆生活習慣病予防に大きく貢献する緑黄色野菜

ニラ(韮)には沢山のβカロテンが含まれています。

このβカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、

その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、

粘膜や皮膚の健康維持などにも役立っています。

ビタミンCも豊富で、βカロテンと共に活性酸素を減らし老化の防止に役に立つ。

◆ビタミンEも多く生活習慣病の予防にも

ビタミンEには強い抗酸化作用があり活性酸素を抑え、

体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあり、

動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも。

このイラストをクリックして、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ニュース
お気に入りブログ
最新記事
プロフィール
宮城県仙台市出身

禅寺丸ばあさん

Author:禅寺丸ばあさん

月別アーカイブ

【精米】ホクレン 北海道産 無洗米 ゆめぴりか 5kg 平成27年産

新品価格
¥2,580から
(2016/7/2 15:57時点)

最新コメント
気になる広告
今までの閲覧者数
HTML解析